ポール・モーリアに捧げるワルツ集

フランスで生まれたジャン=ジャック・ジュスタフレ・グランド・オーケストラ(Grand Orchestra of Jean Jacques Justafre: GOJJJ, France)は、2人の偉大なプロデューサー、アレクサンダー・ゴールドスタイン(Alexander Goldstein)とボリス・ロンツィーク(Boris Lontsikh)の手により、アメリカで2度目の産声を上げることになりました。二人は、もはや伝説となったポール・モーリア・グランドオーケストラの最後の指揮者の一人であるGOJJJの代表者を招聘したのです。GOJJJはポール・モーリア・グランドオーケストラの伝統と独自の音楽スタイル、そしてなによりも、その音色を維持する努力が評価され、多くの国で高い人気を誇っています。

ゴールドスタイン、ロンツィークの二人は、GOJJJにこれまでとは全く異なる課題を与えました。幅広いジャンルの音楽ファンの心をつかみ、またその一方で、21世紀の新しいシンフォニー・オーケストラ・サウンドが広く浸透するよう、慎重に音楽の素材とスタイルを選択して新たな編曲を行うという試みです。GOJJJの編曲はジールス・アルサン(Gilles Arcens)(フランス)が担当しました。ヴォーカルには、魅力的な声を持つ新しい才能を探し求めました。二人のプロデューサーが選んだのは、ロシア出身の稀なるソプラノ歌手ヴィクトリア。
そのレパートリーは、クラシック、フォークソング、さらにはコンテンポラリーと多岐にわたり、まさにGOJJJに理想的なヴォーカルといえるでしょう。

録音は、パリの高名なグラン・アルメ(Grand Armee studio)で行われ、ヴィクトリアもその場に加わりました。パリでのオーケストラの録音を終えると、ゴールドスタインとロンツィークはドラムやパーカッションなど打楽器の追加アレンジ版をも加えることによって、新しいサウンドにさらなる進化を試みるという決断に至りました。ミハイル・ブルミストロフ(Mikhail Bourmistrov)(アメリカ)とゴールドスタインの二人がその編曲を行いニューヨークで録音が行われました。そしてフロリダで最終調整がなされ、完成形となったのです。オリジナルの’清溢なるシンフォニー’交響曲バージョンとそのドラム&パーカッションバージョンとは互いに全く異なる個性を放つものとなり、ゴールドスタインとロンツィークは、オリジナルをボーナストラックとして含めることにしました。

結果、GOJJJはポール・モーリア・グランドオーケストラの伝統の純然たる伝承者としての存在ではなくなり、独自のスタイルとサウンドを獲得するに至ったのです。新しいCDに収録された15曲は、クラシック、フォーク、ロック、そして映画音楽のかつてない編曲であり、そのオリジナルの美しいサンドと新たな魅力を伝えるものとなっています。ポール・モーリアに捧げるワルツ集(Waltz for Paul Maurat, written by Alexander Goldstein)の名を冠して、アレクサンダー・ゴールドスタインらがお届けするCD.

Amazon.comeBay.comでお求めいただける他、SportMusic.comからもご購入頂けます。

説明:

“WALTZ FOR PAUL MAURIAT”
Jean-Jacques Justafre Grand Orchestre featuring Victoria

Label: SportMusic.com 090222999565
Format: CD, stereo, deluxe edition, limited edition
Box: digipack
Country of release: USA
Date of release: 09/05/2017
Genre: Classical, Easy Listening, Lounge
Style: Romantic

Track listing:

1. Waltz For Paul Mauriat (Alexander Goldstein)
2. The Show Must Go On [Deluxe Version] (Brian May)
3. A Jewish Suite (Traditional)
4. A Life Of Love (Georges Garvarentz)
5. Gypsy Farandole (Traditional)
6. Dance Of The Blessed Spirits (Christoph Willibald Gluck)
7. Dance Macabre [Deluxe Version] (Charles Camille Saint-Saëns)
8. Poco Allegretto (Johannes Brahms)
9. Hava Nagila [Deluxe Version] (Traditional)
10. Train To Paris (Andrey Knyshev)
bonus tracks:
11. Waltz For Paul Mauriat [Symphonic Version] (Alexander Goldstein)
12. A Life Of Love [Symphonic Version] (Georges Garvarentz)
13. Gypsy Farandole [Symphonic Version] (Traditional)
14. Poco Allegretto [Symphonic Version] (Johannes Brahms)
15. Dance Of The Blessed Spirits [Symphonic Version] (Christoph Willibald Gluck)

Produced by Alexander Goldstein and Boris Lontsikh
Conducted by Jean-Jacques Justafré
Vocal by Victoria
Arranged by Gilles Arens
Additional arrangements by Alexander Goldstein and Mikhail Bourmistrov
Recorded at Studio Grande Armée, Paris (France)
Recording engineer: Ludovick Tartarel
Mixing at Trilogy Recording Studios, Florida (USA)
Mixing engineer: Doug Tracy
Additional mixing at ABG World studio, Naples, Florida (USA)
Mixing engineer: Alexander Goldstein
Mastering by Alexander Goldstein
Graphic Design: Sergey Gubin

P & C ABG WORLD LLC, 2017

Добавить комментарий

Ваш e-mail не будет опубликован. Обязательные поля помечены *